2019年12月11日水曜日

中標津町緊急情報メール(キキボウ)

ネット検索で「メールサービス 〇〇市」などの語句を入力すると自治体のメール登録サイトのページが表示されます。

ケータイメールが普及した昨今、大概の自治体ではその町独自のメールサービスを行っています。

登録サイトの内容は、自治体によって異なりますが、災害・防犯・火災・広報・イベント・道路状況などの情報が配信されているようです。

中標津町でも中標津町緊急情報メール(キキボウ)と称して、町民向けにメール配信サービスを行っています。

中標津の配信内容は、
  • 緊急時避難情報(警戒区域情報・避難準備情報・避難勧告・避難指示)
  • 火山噴火警報(レベル3以上)
  • 土砂災害警戒情報・指定河川洪水警報
  • 国民保護法に基づく緊急情報(大規模テロ攻撃・弾道ミサイル情報・航空攻撃情報・ゲリラ特殊部隊攻撃情報)
    となっています。
となっています。

いかにも「これぞ緊急情報メール!!」という内容ですが、どれも緊急時には大切な情報になりますので、町内に住む方には登録は必須だと思っています。

他の自治体登録メールサービスを覘いてみると、観光イベントなどの配信もしているようなので、旅をするとき一時的にその町のメールサービスを登録しておくと役に立つかもしれませんね。


2019年11月7日木曜日

冬支度

11月に入り朝夕めっきり冷え込んできました。

すでにストーブのお世話になっている家庭もあるようです。

峠では降雪の情報もちらほら聞こえてきました。

平地でも家の周りの片付け冬囲いなどの冬支度をする家も多くみられるようになってきました。

街中を走る車のタイヤは、大半の車がスタッドレスタイヤに履き替えているようです。

一歩一歩近づく冬に、周りは着々と冬支度の準備が進んでいます。

2019年10月9日水曜日

中標津総合文化会館 しるべっと

全国の市町村にはその街の文化の「へそ」?となる公共の建物が存在すると思います。
しかもその建物の名称は、「えっ?なにそれ?」みたいな名称になっているところが多いようです。

我が町中標津町にも文化の中心、中標津町総合文化会館「しるべっと」があります。
この名称も一見意味不明な名称ですが、なかなか考えられて付けられています。

「 中標津町の「標」(しるべ)は、道案内、導きの意味を持つことから「知るべ」を強調し、「知るべ」の地点「スポット」との複合語『しるべっと』を愛称とした。
 したがって、総合文化会館を介してお互い、より確かで、より豊かな情報を交換し、一人ひとりがその情報を最大限に活用することによって、人間としていっそうの向上を図る。
 そのためには情報をよく理解し、よく知ることが大切である。加えて中標津町の「標」のもつ意味も道案内、導きであり、総合文化会館の性格に最もなじむものであることから「知るべ」を強調し「知るべ」と「スポット」とを複合させた。」(中標津町総合文化会館ホームページより)

ここでは、コンサートを始め各種講座などが定期的に行われていて多くの町民が集う場所の一つとなっています。