2019年6月10日月曜日

道東観光にお勧め 根室中標津空港

5月は記録的な暑さもありましたが、月が替わると肌寒い日が続くようになりました。
よく北海道は梅雨がないといわれますが、本州の梅雨の影響を受けるせいか、雨が多い肌寒い日が続く年があります。
年によってはこの時期に小雪がちらつくこともありました。
今年は過ごしやすい季節であってほしいものです。

6月に入り北海道は本格的な夏の観光シーズンに入りました。
来道される方は飛行機利用、空港から観光バス・レンタカーで道内を周るというパターンが多いようです。
遠く広い北海道ですから、それがベストなのかもしれませんね。

北海道には13の空港があり、我が町のある道東には5空港が点在しています。
道東観光では、世界遺産の知床、マリモで有名な阿寒湖、霧の摩周湖が人気ですが、5空港の内、比較的便数が多い女満別空港たんちょう釧路空港を利用することが多いようです。
しかしながら、観光シーズンにはとても込み合い、なかなか2空港発着のチケットが取れないこともあるそうです。

そんな時、時間に余裕があれば根室中標津空港の利用がお勧めです。
他の2空港より便数(1日:羽田1便、千歳3便)が少なめですが、他が混んでいる時期でも比較的チケットを取ることができるようです。
また、根室中標津空港は、女満別空港とたんちょう釧路空港の中間に位置していて、知床・阿寒・摩周のアクセスにもとても便利な空港です。

尚、根330室中標津空港を利用の際には、旅の締めくくりとして空港から15分のところにある330度の絶景を楽しむことのできる地球が丸く見える「開陽台」も旅程に入れてもいいかも…。

知床五湖
  • 距離:約100キロ
  • 所要時間:2時間30分
阿寒湖
  • 距離:約90キロ
  • 所要時間:2時間40分
摩周湖
  • 距離:約65キロ
  • 所要時間:2時間

2019年5月9日木曜日

例年になく早い桜前線

10連休のGWも終わりましたが、後半は比較的良い天気に恵まれました。

北海道は毎年、GW頃から桜が満開になる所が多く、桜の名所にはたくさんの人が集まります。
今年は全道的に例年より開花が早いようで、気象庁によると桜前線のゴールである根室市で10日、釧路市で13日に開花の見通しのようです。

アヤメ緑化工業の営業所がある北見でも連休後半が桜の見ごろでした。
北見では上常呂金刀比羅神社の桜公園が桜の名所のひとつで、エゾヤマザクラを中心に650本ほどの桜が山いっぱいに開花します。
連休後半には、「かみとろ金毘羅山桜まつり」も行われ多くの市民が満開の桜を楽しみます。

今年は桜が桜まつりの期間が満開になり、文字通りの満開の下での桜まつりを楽しむことができました。
主催者によると例年になく珍しいことだそうです。

さてGWが終わると北海道も新緑の美しい季節に入ります。
本州の梅雨ほどではありませんがこちらも寒い雨の日が続くことがあります。
時には雪がうっすらと積もる年もあります。

そんな寒い日もありますが、北海道もこれからは確実に駆け足で短い夏に向かって季節が移り変わっていきます。

2019年4月10日水曜日

雪の少なかった冬

1・2・3月は早く過ぎるとよく言われますが、4月に入り振り返ってみるとやはり他の月よりも早く過ぎたような気がします。
今年の冬は雪が少なく除雪にはあまり苦労せずに終わりそうです。
こんな年はめずらしいですね。

除雪といえば、先日ニュースにもなっていましたが、3月上旬から道東の知床峠では、4月下旬の開通を目指してフルピッチで除雪を行っているそうです。
今年は雪が少ないとはいえ、そこはやはり峠、除雪車をフル稼働して除雪に当たらないと4月下旬の開通に間に合わないようです。

ただ昨今いろいろな職場でも問題になっている人手不足がここでもあるようで、今年からGPSを搭載して自動で動く除雪機も試験的に使って除雪を行っているそうです。

本来、オペレーターが道路わきに立てたポールの先を目で確認しながら道路からはみ出さないように除雪していくそうですが、この自動除雪機のGPSが道路を正確に認識しながら除雪していく仕組みになっているとのこと。

ゴミと雪の違いはありますが、自宅にある自動で動く掃除ロボットみたいなのでしょうか?
自宅にも、自動で除雪してくれる除雪機があると雪の多い年は助かりますね。